ふぁーふぁーの森

娘との日常をメインに、娘用に作ったおもちゃの作り方や娘との旅行などの記録用ブログです。写真の無断転載は禁止致します。作品の著作権の放棄はしておりませんので、販売目的で作品の作り方を真似する事を禁止致します。個人で楽しむ分には連絡等も必要ありませんので御自由にどうぞ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

布絵本2の作り方~初心者向け説明1~

昨日のブログでも書いていた通り、布絵本の作り方の詳細バージョンです。
この布絵本のテーマやねらいは昨日のブログを見てください。
初心者の方でも分かるように細かく書いていくので写真も多いし、分けて書きますね。


作品は全てオリジナルです。
私も沢山の市販作品・ネットにアップされている手作り作品を参考にさせて頂いてるので、ご自由に参考にして作って頂いて大丈夫です。
ただし、販売目的での作成は禁止致します。あくまでも個人でお楽しみ頂く範囲でお願い致します。
また、写真の無断転載はお断り致します。
リンクを貼ったりはご自由にどうぞ~*
質問などあればコメント欄にコメント残してもらえば出来る限りお答えいたします♪







完成した作品はこちらです。


では早速作り方です。
◎作品のイメージをきっちりと書く
1、まず実寸大に全て書いたほうが分かりやすいので、18×18の紙をページ分(8枚)用意する。
→B5のコピー用紙だと短い方が約18センチなので手軽です。
2、本にする時に1センチ縫うので左端(見開きの左ページは右端になりますが)を1センチ線を引いておきます
3、図案を書く
(型紙ではないのでざっくりとイメージで書いてます)
→この時にフェルトの色などを決めておくと購入時に便利です。
→私はロイヤルウォッシャブルフェルトの色見本帳を持っているのでそれを見ながら考えてますが、持ってない人はネットなどでも「ウォッシャブルフェルト 通販」とかで検索したら色々なお店がヒットするので、そこで色を決めていくと良いと思います。
※ちなみに私は近所に全色揃っている所がないのでネットで購入しています。メール便(160円)とか可能のお店なら大きな手芸店に買いに行く交通費よりはるかに安いです。
*表紙

*1・2ページ目

*3.4ページ目

*5・6ページ目

*裏表紙

→ただし、この時に全ての花飾りを同じ大きさにする予定だったので、大体の大きさを合わせています。


◎必要な材料を購入する
★ウォッシャブルフェルトと、その色に合わせた刺繍糸 適量
(100均の洗えるフェルトは毛玉がすぐにいっぱいになったので、ロイヤルのウォッシャブルフェルト使用)
→図案をしっかり見て必要枚数購入しましょう。
→■土台になる18×18は8枚必要
 ■表紙の顔、猫、うさぎ、女の子の顔、池、お弁当箱の6枚は18×18が必要
 ■あとはパーツによって使うサイズはバラバラなので18×18でなくても大丈夫ですが、魚5色、お花7色、土、太陽、人参、おにぎり、鮭、ハンバーグ、ブロッコリー、トマト、いちご、卵焼き、豆、動物や子ども、女の子の目や鼻や髪の毛、本を閉じるところ、背表紙部分のフェルトが必要
★綿
→洗える綿を購入しましょう(丸洗い可能って書いてるやつです)
★12センチの赤いファスナー3つ
→私はチャック部分も赤いものを探しました(赤いファスナーでも布部分は赤で、チャックが金色とかあります)
→これより小さい10センチだと、動物や女の子はもう少し可愛くなりますが、その分ファスナーを開いた時に魚とか人参、お弁当が入れにくいです。
★ボタン7つ
→大きさを揃えないと、当然花飾りを自由に付け替えられませんので、同じ大きさにします。
→出来ればボタンだけでも可愛いやつの方が可愛いです。
→ちなみに私は直径約1.3センチのボタンを使っています
★紐(100均に売ってるやつで十分です)
→3・4ページの土台の色と似た色を選びましょう。
→私は空のイメージで水色系です。
★カバンテープ(子どもの身長に合わせて必要な長さが変わります)
→ポシェット型にする時と背表紙に丈夫なカバンテープを使用しました。
★スナップボタン
→私は今回は2種類の大きさを使い分けています。
→■本を閉じるところ・魚:直径1.2センチの大きなもの 6セット
 ■お弁当の中身:直径0.8センチの小さなもの
★輪っか(100均に売ってるやつです)
→必須ではありませんが、丈夫で見た目もスッキリ可愛い仕上がりになります。
→ポシェットではなくカバンにつけたりするのであれば、カバンテープの長さを短くしてDカンとナスカンとかを付ける方が便利だと思います。


◎花飾りを作る
1.花飾りの型紙を作って、フェルトを切る(7色裏表分2枚ずつ)
※型紙の作り方
→私はコピー用紙を原本の図案にのせて写し取って、大体の大きさを決めて、そこから大体花びらが5枚共、同じくらいの大きさになるように切っています。きっちり作りたい人は角度を図って書いたら良いと思います。
→型紙を作ったら、図案の花飾りをつける場所に一度置いて確認してください。
2.中央にボタンホール用に切り込みを入れる
→切り込みは私はボタンの大きさが1.3センチなので約2センチにしています。
→切り込みを入れたら一度ボタンをそのままつけたり出来そうか確認します。
3、ボタンホールを「ブランケットステッチ」で縫う
→縫い方がわからない人は検索してみてください。だいたい分かると思います。

4、周囲を「まきかがり」で縫う

5、花飾り完成

→フェルトの色に合わせた刺繍糸で私は2本で縫っています
→花には厚みがあるとボタンにつけにくいので綿を入れていません
※基本的に「まきかがり」「バックステッチ」など以下刺繍糸の本数を指定していない所は刺繍糸2本どりです。



◎魚を作る
1、型紙を作る
→どの大きさならタテヨコ斜めにつけても大丈夫か考えながら作りましょう
2.フェルトを切る

→魚の形2枚切っても良いですが、縫うのが面倒なので端をつけたまま切ってます
3、魚の目やヒレを「バックステッチ」「フレンチノット」で片方だけ刺繍する
→魚はどの方向でも良いように口や背びれなど上下が決まってしまうものをわざと排除しています
→本当は口や背びれとかつけたほうが可愛いと思います
4、スナップボタンを片方の中央に縫い付ける

5、周囲を「まきかがり」で縫いながら、半分位縫えば綿を入れながら縫い進める

→写真がこれしかなくてすみません(;´Д`)



◎人参を作る
1、型紙を作る

→写真の数字はセンチです。(ファスナーの大きさを考えると、これより大きくなると入れにくいと思います)
→書くときはこれで良いですが、切る時は中央で半分に折って左右対称に切った方が仕上がりが綺麗です。
2、フェルトを切る(裏表分、緑もオレンジも6枚)

→写真の用に緑のところは中に入れて縫い込むので長めに切ります
→オレンジはそのまま大きさのまま切ります
3、人参のオレンジ部分に「バックステッチ」で刺繍する
4、緑の部分を「まきかがり」で縫う

5、途中で緑の4を挟み込みながら、オレンジ部分を「まきかがり」で縫う
→半分くらい縫えた所で綿を入れながら縫います
→緑を入れ込むところ辺りから縫い始めると綿を入れやすいです

6、人参完成。



◎太陽を作る
1、型紙を作り、フェルトを切る(赤2枚、黄色2枚)
→これだけはあまりにも左右対称だと可愛くないのでわざと左右非対称にしています
→紐を通す場所をしっかり考えておきます

2、中央の黄色に顔を「バックステッチ」「フレンチノット」で刺繍する
→顔の表情は変えたほうが面白いです

3、中央の黄色を赤に「バックステッチ」で縫い付ける
→半分まで縫ったら綿を入れながら縫います
→この時に縫う場所(方向)を間違えないようにしましょう。(下の5参照)
4、黄色の周りを「バックステッチ」でオレンジ色で刺繍する
→3だけだとライオンみたいやったので、太陽っぽくなるように刺繍しました

5、赤い部分の上半分を「まきかがり」で縫う

→ひっくり返した時に違う顔になるようにするために、写真のように縦向きにひっくり返して大丈夫なように縫い合わせます
→どこに紐を通すかしっかり考えておいて、紐を通す場所以外(上半分)を縫います

6、紐を通して、残りの赤い部分を「まきかがり」で縫う

7、完成
→紐を通している部分は縫っていません

→紐が動かしやすいように綿は入れません



さて、今日はここまで*
小物まだまだありますよ、次はお弁当の中身からいきますよー。


***ラインスタンプ販売中です***
fc2blog_20150315162247af2.jpg
購入はこちらから



***ラインスタンプ第二弾も販売中です***

購入はこちらから


***ラインスタンプ第三弾も販売中です***
fc2blog_20151106223325470.jpg
購入はこちらから
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。