ふぁーふぁーの森

娘との日常をメインに、娘用に作ったおもちゃの作り方や娘との旅行などの記録用ブログです。写真の無断転載は禁止致します。作品の著作権の放棄はしておりませんので、販売目的で作品の作り方を真似する事を禁止致します。個人で楽しむ分には連絡等も必要ありませんので御自由にどうぞ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いないいないばぁのごっとん~作り方1~

「いないいないばぁ」に出てくるごっとん(ゴットン?)をご存知でしょうか?
うちの娘が、わんわん・うーたん・ゆうなちゃんと同じくらい大好きなのが「ごっとん」なんですよね。
とりあえず第一段階まで作りました♪



ダンボールで出来た電車なんですが、娘が大好きということで作ることは決めていたんですが・・・
まず、作る大きさを悩み・・・
1.娘の乗れるサイズ
2.実際に近いミニミニサイズ
3.娘は乗れないけどおもちゃとかを乗せられるサイズ
→1は強度をかなり強くしないとあかんので大変かなーと却下
→2は作ったところで遊びにくいし、乗せる様のおもちゃも作らなあかんのは大変なので却下
→3に決定。


ごっとんの画像がネットで検索してもほとんどなくて、録画した「いないいないばぁ」を見て下絵を描いて・・・


ここから、出来るだけごっとんに近付ける為にダンボールをめちゃくちゃ集めるという作業。
ここが大変でした。
実家にも手伝ってもらい、なんとかイメージ通りのダンボールを集めました。

もちろんここまでこだわらなくても良いとは思うんですが、せっかく作るならリアルにしたくてね。



では、ごっとんのダンボールは当然無地なので、内側まで完璧には出来ないので外側から見たら綺麗になるようにしていきます。
地味に大変な作業です。
ダンボールを一度広げます。
はがす時に出来るだけ綺麗にはがせるように頑張ります。

こんな感じに文字のところは見えにくくなるように布ガムテを貼っていきます。
文字の面は箱の内側になるので目立たなければ良いかーってくらいです(笑)
で、表裏を逆にして組み立てます。
その時に後ろの3つとうーたんが乗る赤い箱は上があいてて中に物が入るように開けておきます。

こんな感じです。


ごっとんの顔の面の大きさに合わせて大きめのダンボール(上の写真とは別でパーツ用にダンボールは必要です)をカットして、目、鼻、口も作って、色を塗ります。
ごっとんの顎あたりの三角の赤いやつもダンボールで作っておきます

ごっとんのかおを貼り付けて、ほっぺたの赤いのも塗っておきます。


顎の三角のやつと、頭の上の赤い箱(これは小さな空き箱を使いました)、うーたんの乗る箱を赤く塗りました。
二度塗りしないと結構汚かったので二度塗りしました。

これが一度塗りの状態。

この時にもう車輪も後ろの箱の3色のラインも色塗りしたら楽ですね。
私は順番バラバラでしたので何回も絵の具出しました(;´д`)

→ちなみに、色画用紙を貼ろうかなーとも思ったんですが、よりごっとんをリアルに作るためにポスターカラーとアクリル絵の具で私は塗りました。
(全てポスターカラーで良かったけど、アクリル絵の具が大量に家にあったので(;´д`))


ごっとんの頭の黒い棒はトイレットペーパーの芯を真っ黒に塗りつぶして作りました。

上の赤い箱が乾かないと付けられないけど・・・

芯の両はしを少し切れ込みを入れて、赤い箱とごっとんの頭になるダンボールにひっつけます。
私はボンドと赤いビニールテープ、ボンドと布ガムテでつけました。






このごっとんの一番前の部分とつなげ方は、作り方2に続きます★
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。