ふぁーふぁーの森

娘との日常をメインに、娘用に作ったおもちゃの作り方や娘との旅行などの記録用ブログです。写真の無断転載は禁止致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出産~陣痛編~

少しずつのアップになりますが、出産についてアップしていきたいと思います。
最初に言っておくと・・・
結構リアルにアップしていく予定なので、苦手な方は読まないでくださいませ(笑)


◎前駆陣痛らしきもの
出産10日前くらいからありました。
ただ、弱い痛みなので何ということもなく・・・
出産7日前に一度結構強めの痛みがやってきました。
でもその前後も弱い痛みのみ。
出産3日前に数回の痛みの波(まだそんなに痛くない)
ただし、お腹に違和感を感じる。
夜もお腹・腰の痛みが結構あるものの痛みの継続時間が短すぎる。



◎前駆陣痛→陣痛
出産前日
7:40  下痢のような痛みがある。
いつもなら数時間でおさまるはずの痛みが続くので「おぉ??」と期待する。
ただ、結構そこまで強い痛みではないので、どうなのかなーと疑問な感じ。

10:30 10分間隔の痛みになり、一時間続いたので病院に電話して聞いてみる。
→この時には「もしかしたら病院行くかもしれん」と思って、慌ててお昼ごはん作って食べて、母親に連絡もしてました。
(陣痛の1時間の回数 8時:4回、9時:2回、10時:4回、11時:8回)

12:10 病院に聞いてみると、
・家が近い
・初産だし、痛みがそこまで強いのでない
以上二点の理由から、すぐに産まれることはないから二時間様子みましょうと言われる。
この時に
「胎動があるかチェックしてください」
「陣痛ならこの後痛みが強くなっていきます」
と言われる。
→結局、私は陣痛で病院に行くまで胎動ありました。回数・強さはもちろんそんなにですけどね。

14:00 二時間様子を見ていたが、痛みは多少強くなったものの10~20分間隔になってしまった。
(陣痛の1時間の回数 12時:5回、13時:5回)
病院に再び電話(痛みが継続してれば電話くださいと言われてたので)
心配なら診察できるけど、10分以下の間隔じゃないと何もすることはないと言われる。
(破水なし・出血なし・胎動ありの状態)
なので、10分以下になったらまた電話しますと言って様子を見ることにする

14:20 実家に入院グッズを持って待機する。
(陣痛の1時間の回数 14時:7回、15時:5回、16時:6回、17時:11回)

16:00 ちょっと痛みが強くなってきて、痛みの波が来ると自然と顔が真っ赤になる。
母親に「ゆでダコみたいになってるでー」と笑われる(笑)

17:10 10分間隔を切り始めて、痛みも強くなり始めたので「そろそろかなー」と思う。
と同時に「お腹空いたまま病院に行きたくない!!!」と思って晩御飯を母親にお願いする。

18:10 痛みの合間にめっちゃ頑張って晩御飯をたらふく食べる
→結構がっつりお腹空いてたし、「出産するかも」という思いから沢山食べておく。

18:30 病院に電話すると、入院準備持ってきて下さいと言われる。

18:50 病院に到着
入院の書類に色々書こうとするけど、ちょっとすでに痛みも結構あるので頭の回転が追いつかない(笑)
→結果、自分の携帯番号を書くところに実家の電話番号の下4ケタを書き始めて「え??私の携帯番号って何やっけ??」と言い、母親にめっちゃ笑われる(笑)
1.病室案内(看護師さんが車いすでしてくれる)・血圧・体重測定
2.内診
→赤ちゃんは降りてきていて、子宮口は5センチ開いて柔らかいと言われる
3.NST
→まだ5分間隔なので、このまま陣痛に合わせて頑張る感じと言われる
4.4人部屋に案内されて、持参したパジャマに着替える
5.陣痛に合わせて頑張る感じになるので、ひたすら耐える
→母親は旦那が来てくれることを確認して帰宅。

20:00 旦那が病院に到着。
とにかく呼吸をしっかりゆっくり長くして痛みの波を超えるとおさまるから、旦那と話をしたりお菓子を食べて気を紛らわす。
→この時は結構まだまだ余裕でした。

21:00 「消灯です」と真っ暗に。
持って行った時計が見えなくなって、時間を計れなくなる(笑)
途中で旦那が「間隔短くなってるで」と言いだしてナースステーションに呼びに行ってくれる
内診する
陣痛は2~3分間隔になって、子宮口も6,5~7センチまで開いてるし、陣痛が進みそうだから・・・と言われ「陣痛室」へ移動する。

22:30 陣痛室でひたすら耐える
痛みは結構強いものの、ゆっくり呼吸すれば大丈夫。
波が去れば喋れるくらいでした。

ここからです!!
1~2分間隔の痛みに変化し始める!!
ここから、腰がめちゃくちゃ痛くなります。
旦那が腰をさすって、押してくれてめっちゃ助かりました。
助産師さんがアロマの匂いのあったかいやつを持ってきてくれて、腰にあてました。

更に痛みが強くなって「これは来たなーーーーー!!!!」ってなります(笑)
痛みは強いし、間隔も短いので、ほぼずっと死にそうな勢いで「おぉぉぉーーー」って感じ(笑)
お尻から何かが出そうな感じとしか説明できません。
りきみそうになるけど、「分娩室に行くまではりきんだらあかん」って言ってたなーと頑張ります。
で、数回我慢してから「ナースコール押して・・・」と旦那に頼みました。
ベッドの柵が壊れそうなくらいしがみついて長く深い呼吸を心がけました。

痛みの波に合わせて内診室に移動する
内診すると
子宮口全開と言われて、分娩室へ移動することに。




★ちなみに助産師さんは「また回ってきますからねー。何かあったらナースコール押してください」って言ってどこかに行かれるのですが、正直全く回ってきません(笑)
めっちゃ忙しいんですよね。
なので、間隔が短くなったタイミング、痛みが変化したタイミングでナースコールしましたが、待ってたら絶対無理やったなーと思います。
日本人だからか「回ってきます」と言われたら「待ってた方が良いのかな?」と私は思ってしまいましたが、さすがに耐えられませんでした(笑)
そういうもんなんだなーと思いましたよ。
あ、病院によって・時間帯によって違うと思いますけどね。




というわけで、また出産~分娩編~は時間のある時に書きますね。
スポンサーサイト
[ 2013/05/11 16:53 ] ♫出産 | TB(0) | CM(4)
No title
ナースコール押して…の辺り、同じです!あと私も痛すぎて柵壊しそうでした(笑)
[ 2013/05/11 22:56 ] [ 編集 ]
No title
ともよさん*
ナースコールってこういう物なんだーって思いました(笑)
柵すごく丈夫に出来てますよね!(笑)
丈夫じゃないとすごい大怪我しそうですけどね、あの時間が私は短かったので、まだ良かったですけど・・・
[ 2013/05/12 19:02 ] [ 編集 ]
No title
私は病院行ったらすぐに陣痛室に通されて、分娩台にもなるベッドに寝かされたのですが、そのベッドからナースコールまでが微妙に腕が届かなくて、押しに行くのしんどくて、旦那が来るまで我慢してました(笑)
柵丈夫ですよね!(笑)痛すぎて、ひっこ抜いてやろうかぁっ!!って柵に八つ当たりしてみましたけどびくともしませんでした(笑)
私も短い時間だったのでよかったです(^^)
[ 2013/05/16 12:44 ] [ 編集 ]
No title
ともよさん*
分かりますーー。ナースコール遠いし、痛みの感覚が近くなったら正直息を整えるのに必死でした・・・
旦那に私もナースコール押してもらいました。
[ 2013/05/25 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。