ふぁーふぁーの森

娘との日常をメインに、娘用に作ったおもちゃの作り方や娘との旅行などの記録用ブログです。写真の無断転載は禁止致します。作品の著作権の放棄はしておりませんので、販売目的で作品の作り方を真似する事を禁止致します。個人で楽しむ分には連絡等も必要ありませんので御自由にどうぞ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤ちゃん用がらがら~白ちゃん追加~

以前作った「桃ちゃん・青君」がお気に入りなので、白ちゃんを作ってみました[#IMAGE|S16#]

3人になりました*


作り方は全く同じです★
(桃ちゃん・青君の作り方→こちら

中表で2枚裁断して

刺繍して、中表にして縫い合わせて(リボン・紐は挟み込んで縫います)

裏返したら綿と音鳴るもの(私は今回もペットボトルのふたで作ったやつです)を入れて

返し口も縫い合わせて出来上がり!!


簡単で可愛い*
顔は一番白ちゃんが可愛く刺繍できた気がします。



ちょっと気持ち悪い鳥タオルの他に、チューブを使って作ったガラガラも出来上がったのですが・・・
また時間あるときにアップします♪


そうそう、今日「ごきげんよう」で平泉成が話してた話に深く共感した私。

どんな話かというと・・・
昔、平泉嫁が「これからお茶を入れたりしたときも‘うん’とかじゃなく‘ありがとう’って言って欲しい」って言い出したのね。
平泉は「えぇ?そんないちいちお茶入れたりしただけで?」って思ったらしいんよね。
で「なんで?」と聞くと、平泉嫁は「子どもに‘ありがとうって言いなさい’って言うんじゃなくて、親が自然とそうやって‘ありがとう’って言ってるのを聞かせて、そういうものだと理解させていきたい」と言ったそうです。
そして平泉も照れるけど毎回気をつけて言うようにしたら、子ども達はよく‘ありがとう’を言える子どもに育ったらしいのね。
そして、その子どもの子ども(つまり平泉にとって孫)は、もっと‘ありがとう’をよく言う子に育ったという話。



我が家は、お互いが気持ちよく色々「相手のために何かをしたい」という気持ちを保てるために「ありがとう」はどんな些細な事でも言うようにしてます。
お茶はもちろん、洗い物・洗濯・掃除・料理・・・
旦那が仕事から帰ってきたら「お疲れさま」そういう言葉って本当に大切だと思うから。
そして小さな頑張りで気がついてもらえない時は、昔は「なんで気が付いてくれないの!?」って思っていました。でも、気が付かないよね。
なので、「今日どこか変わったとおもわへん?」という質問形式に変化しました。
そしたら当然分からず、また「なんでヒント出してるのに気が付かないんよー!」って思うようになりました(笑)
そして、結局今では「ここを今日は綺麗に磨いてん!」と言うようになりました。
そしたら「すごいやん!めっちゃ綺麗になってる!ありがとう!」ってちょっと大げさなくらい褒めてくれるようになりました(笑)
私は「褒めてもらう」ってすごい大切やと思うんですよね。
感謝されると「じゃあ次も頑張ろう」って気持ちになる。

幼稚園教諭時代も、一番思っていたことです。
とにかく褒めて伸ばす。
もちろん駄目な事は叱るべきですが、きちんとその子の頑張り(その子ども自身の伸びで、周囲との比較ではもちろんありません)を認めてあげることって一番大切です。
特に語彙数が少ない間は「どう思っているか」などを言葉にして代弁してあげて、「ここは良かった、でもここは良くなかった」と明確にしてあげることが一番ですよね。
(例えば、ぬいぐるみを貸して欲しかったから持っていた友達を叩いた時、いきなり叱ってもわかりません。「ぬいぐるみ欲しかったよね」と一度共感してあげることが必要です。そして「でも叩いたらお友達は痛いから駄目だったね」と伝えて、「次からは言葉で言ってみようね」と促すというような流れです)
叱られた内容をいまいち分かっていないという事って結構あります。
話を聞ける時間・端的な表現など必要な要素が色々ありますが、「どこが悪かったのか」を明確にしてあげないこともありますね。
・・・と話は逸れましたが、叱るにしても共感・認める所って必要だと思うんです。
それが一言あるかないかでその後の言葉を聞けるかどうかって変わってくると思います。

そういうのって子どもだけじゃなく大人でも同じじゃないですかね。
頑張った所を褒められたら嬉しいし、「ありがとう」って言われたら嬉しい。
地味に旦那に惚れた理由も「ありがとう」をしっかり言える所やったりします。
本当に些細な事に「ありがとう」って言える人って尊敬に値します。
「ありがとう」をきちんと言える人って、きちんと相手のしてくれた事を評価できる人だと思うんですよね。
評価していても言わなくなったりしたら、それが当たり前になって評価していないのと同じだと思うんです。
自分がこれから「親」になるという今だからこそ、より「ありがとう」をきちんと伝える事が出来る人間でいたいです。
そういう姿を見ていたら子どももきっときちんと「ありがとう」の言える子どもになると思います*
今日の平泉さんの話を聞いて旦那が結婚してから5年半以上も過ぎた今でもきちんと言い続けてくれているこの日常に感謝して、これからも続けていけるように頑張ろうって思いました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。