ふぁーふぁーの森

娘との日常をメインに、娘用に作ったおもちゃの作り方や娘との旅行などの記録用ブログです。写真の無断転載は禁止致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

娘お気に入り手遊び

最近、娘ちゃんのお気に入りになっている手遊びを紹介します☆

「とことことこちゃん」
っとことことこちゃん散歩して
(子どもの手の甲の上で大人の人差し指と中指を足に見立てて動かす)
石につまずいた  こて
(指をこてっと倒す)

っとことことこちゃん散歩して
お池に落ちちゃった ぽちゃん
(指をぽちゃんと落とす)

っとことことこちゃん散歩して
バナナにのっかった つるーん
(バナナですべった感じにする)

っとことことこちゃん散歩して
ガムを踏んづけた ビヨヨヨヨヨ~~ン
(大人の指を斜め上に向かって円をかいてとばす)

っとことことこちゃん散歩して
お山に登ったよ やっほー
(子どもの腕を登って、最後は頭の上)
→これはかなりアレンジできると思います。
→我が家では泣いている時に「りりりりりはくちゃん散歩して~」とか歌って、李珀をそのまま抱っこして足を床に付けて散歩にみたてたり、抱っこして一緒に散歩したりしてます。
→幼児さんなら、散歩に行って何があったら楽しいかとか一緒に考えるのもありですね。





「キャベツの中から」
キャベツの中から青虫出たよ
(片手をグーにして、もう1つの手で包むのを左右交互にする)
ピッピッ
(親指を右、左と出す)
お父さん青虫
(親指を左右に揺らす)

キャベツの中から青虫出たよ
ピッピッ
(人差し指を右、左と出す)
お母さん青虫
(人差し指を左右に揺らす)

キャベツの中から青虫出たよ
ピッピッ
(中指を右、左と出す)
お兄さん青虫
(中指を左右に揺らす)

キャベツの中から青虫出たよ
ピッピッ
(薬指を右、左と出す)
お姉さん青虫
(薬指を左右に揺らす)

キャベツの中から青虫出たよ
ピッピッ
(小指を右、左と出す)
赤ちゃん青虫
(小指を左右に揺らす)
→これは保育者なら誰でも知ってるというくらい有名な手遊びですが、気に入っているので書きました*
→ただ、音程もやり方も結構地域とかで全然違うかったりします。手遊びってそういうところがありますが。




「ころころたまご」
コロコロたまごは
(卵が転がるように両手でエアー卵を前後にコロコロ動かす)
おりこうさん
(左手を卵に見立てて、右手でなでる)
コロコロしてたら
(卵が転がるように両手でエアー卵を前後にコロコロ動かす)
ひよこに なっちゃった
(親指と人差し指でひよこの口に見立て、口をパクパクしているように両手ともにする)

ピヨピヨひよこは
(親指と人差し指でひよこの口に見立て、口をパクパクしているように両手ともにする)
おりこうさん
(左手をひよこに見立てて、右手でなでる)
ピヨピヨしてたら
(親指と人差し指でひよこの口に見立て、口をパクパクしているように両手ともにする)
コケコになっちゃった
(親指とその他の指で鶏の口に見立てて、口をパクパクしているように両手ともにする)

コケコケこけこは
(親指とその他の指で鶏の口に見立てて、口をパクパクしているように両手ともにする)
おりこうさん
(左手を鶏に見立てて、右手でなでる)
コケコケしてたら
(親指とその他の指で鶏の口に見立てて、口をパクパクしているように両手ともにする)
夜が明けた
(両手を胸の前で×を作って深呼吸みたいにクロスに上げて手をキラキラさせる)
→これも超がつくほどの有名な手遊びですが、娘大好きです。
→これも替え歌・・・いやアレンジして(笑)娘に歌ったりしてます。




とにかく触れ合うことが目的なので、正しくする必要なんてないと思うんです。
ブログで手遊び紹介してますが、別に自分で音程つけてオリジナルでも全然ありやと思ってます。
ただ保育所とか幼稚園に行った時に違う音程で??ってなることもあるかもしれません。
でもまだ自分で歌を歌えない時期はセーフかなーと思ってます(笑)
きちんと歌ってあげたい方は題名とかで検索してもらったら、YOUTUBEとかであるやつもあるはずです*
スポンサーサイト

手遊びについて

私が幼稚園教諭だった時は毎日やっていた手遊び。
嬉しい事にわが子と一緒にする事ができる日がやってきました[#IMAGE|S16#]
もちろんまだまだ幼児とやっていたような楽しみ方は出来ません。
でも、一緒に歌ったり、手を持ってあげて一緒に動かしたりするだけでも、とても良いですよ*
喜んでくれる時もあります。
幼児になれば、色々な目的を持って出来る手遊び。
例えば・・・
●左右、上下を覚える(アブラハムとか大型バスとか)
●数を覚える(ピクニックとかいっぽんばしとかはじまるよとか)
●体の名前を覚える(あたまかたひざぽんとか)
●指の体操・チョキができる・薬指だけを出す(まがりかどとかやきいもグーチーパーとかキャベツの中からとか)

注意:正しい手遊びの題名は間違っているかもしれません。

ですが、今は「触れ合う事」を目的として私はやっています。
ねらいを明確に持っていると子どもとより楽しめると思います。
なので、同じ手遊びでも幼児とやっていたものとは全然違うし、あえて変えているものもあります。
また月齢・年齢に合わせて変えていってあげようと思っています*




このブログでも色々紹介していこうと思います*
子どもとの触れ合いの時間をいっぱい取ってあげて下さいって保健師さんとかは簡単に言いますよね?
でも、「どうやって?」「何をしたら良いの?」「一日中一緒にいたらする事なくなっちゃうよ」って結構聞きます。
勿論、自分勝手に親の都合で振り回していたら、あっという間に過ぎますが(苦笑)
引越しの時の私はまさにそんな感じでした[#IMAGE|S8#]
やっぱりそういう時間の使い方でなく、ちゃんと向かい合ってあげたいなーと思います。
で、何もないと朝から夜まで長いですよね。
私は幼稚園の時と同じように「静」と「動」の時間を一応考えてます。
メリハリとまでいかなくても、両方バランスよく取っていきたいなと思っています。
●{動}いっぱい体を動かす時間
→ハイハイもどきをする時間・仰向けで機嫌が良い時は娘の目の前で体を動かしまくると喜んで一緒に動かすのでその時間・お散歩の時間・おもちゃでガチャガチャと遊ぶ時間・手遊びや触れ合い遊びの時間(体を動かす系)
●{静}まったりと私に抱っこされて(ひざに座って)遊ぶ時間
→一緒に絵本を見る時間・一緒に歌を歌う時間(私が歌うのを聞いているだけの時もありますが、大抵声出して歌いますよ)・手遊びや触れ合い遊びの時間(静かに触れ合う系)・お昼寝の時間

ずっと抱っこしていても「おろしてーー!!1人で動きたい」ってなるし、1人遊びばっかりさせていたら「抱っこしてーーー!!」ってなりますよね?
もう一人遊びが始まったら、どっちも必要なんだなーと思いました。
そんな感じで、過ごしてます。





そんな中、ちょっとした手遊びや触れ合い遊びは気持ちをリフレッシュさせてくれたり、赤ちゃんにも良い刺激になるので、たくさんストックがある方が便利です☆




では、今日はめちゃくちゃ簡単な触れ合い遊びをアップします。
またチョイチョイアップしていきます~♪


◎「ぴったんこ遊び」
ぴーったんこ ぴったんこ どーこにぴったんこ(向かい合うように抱っこして歌う)
〇〇にぴったんこ
(親の〇〇と子どもの〇〇をひっつける)
→ほっぺたとか目とか手とかなんでも良いんです。
→音程もあってないようなものなので、お好きにどうぞ(笑)
→幼児になってきたら、〇〇の所を子どもに言わせてあげても良いですよ*


◎「おふねはぎっちらこ」(わらべうた)
おふねは ぎっちらこ ぎっちら ぎっちら ぎっちらこ せんぞうや まんぞうぞ
(膝に乗せて一緒に船をこぐ感じで体を曲げたり伸ばしたりします)
→幼児さんなら向かい合ってお互いの手をつかんで引っ張り合う形が顔も見れて良いですよね*
→娘は首がすわってるので、脇を持って向かい合ってする時もあります。



◎「いす」(わらべうた)
おすわりやすいすどっせ あんまりのったらこけまっせ 
(膝に乗せてリズムをつけてトントンと足を動かして、こけまっせで親の両足を広げて床にどすんと落とす)
→この題名実は知りません(笑)
→わらべうたの講義で教えてもらったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。